気軽に借りられるイベントスペース|都心部で催しを開くには

男性女性

商売を成功させるポイント

ウーマン

大阪などの大都市で商売を始める場合、最も大事なのは店舗の立地です。集客率の良い場所を選ぶ必要があります。商売の内容によって立地を選ぶ必要がありますが、レストランや食堂や喫茶店などの食べ物系の商売なら近くにオフィスビルや大学などの施設がある場所を選びます。また飲み屋系の商売をするなら繁華街や駅前商店街などが適しています。大阪の中心部でなくても郊外の駅前ならお客を集めることができます。飲み屋系の商売は深夜まで営業するので、周辺環境も大事です。このように大阪などの大都市で商売をやる場合の特徴は、業種によって立地を探す必要があるという点です。そのためには事前にリサーチをしてからエリアを絞り込む必要があります。

豊富な資金を用意できる場合は別ですが、そうでない場合は初期投資をできるだけ抑えることが大事です。商売を始めても固定客がつくまでは3ヶ月から半年はかかります。その間は手持ち資金でつなぐことになります。そのためには居抜き物件を探すといった工夫も必要です。大阪などの大都市には多くの居抜き物件があります。居抜きというのは前の商売の状態がそのままになっている物件です。厨房設備や客席の備品などがそのまま使えるので、コストの削減ができます。また前の商売と同じ商売を始めれば、固定客を引き継げるというメリットもあります。居抜き物件を購入したり借りたりする場合、前の商売がやめた経緯についても調べておく必要があります。